キノコはどれくらいの速度で成長するのか?

キノコ

「キノコを探しに来たのに、あっという間に古株になっていた。」「あともう少し早ければいい頃合いだった。」なんて経験ありませんか?キノコはどれくらいの速度で成長するのでしょうか。

今回は、このキノコで検証してみたいと思います。因みにこのキノコの名前は分かりませんが、ツルタケ属のキノコでしょう。まあ、食べるとしたら相当の勇気が必要ですね。

次の日には、こうなっていました。てか、成長早っ!、時間があれば、1時間ごとに観察した方がいいくらいですね。

3日目には、こうなっていました。雨が降ったせいもあると思いますが、3日で生菌になってしまったようです。この次の日には、ぐちゃぐちゃになってしまいました。この3日間で得たデータは、「日付」「天気」「キノコの高さ」です。表にまとめました。

日付天気高さ成長差成長割合前日比
6月23日晴れ5000.5263160
6月24日晴れ88380.9263160.4
6月25日95710.073684

一つずつデータの単語を説明したいと思います。日付と天気は分かると思います。「高さ」は、その日のキノコの高さを表しています。「成長差」は、前日からどれだけキノコが伸びたかを表しています。「成長割合」は、キノコが成長しきった状態を1とし、どの程度成長しているかを割合で表したものです。「前日比」は、その日の成長割合から前日の成長割合を引いたもので、前日からどれだけ成長したかを表したものです。表では分かりづらいので、グラフにしてみます。

もっとデータが欲しい・・・。グラフをみてみると、最初に大きく成長して、その後は、緩やかに成長するのが分かります。このグラフだとせめて朝、夕に測定すべきでした。ただ、このグラフから予測できる事は、キノコは何か分解するものが発生した時に発生し、それが分解し終わると、緩やかに成長してやがて、朽ちていくようです。キノコの寿命が短いのは、その為のようですね。

以上で、この記事を終わらせたいと思います。私達がキノコに巡り合えるのは、タイミングだったようですね。そう思うとキノコにロマンを感じるのは、私だけでしょうか?今日はこの辺で失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました